円安時に外貨預金してしまった悩み

円安時に預けた外貨はどうする?

円安のタイミングで預金した外貨の対処法

 

外貨預金は、預けた時よりも円高になってしまうと円転時に元本が割れてしまいます

 

このように、円安のタイミングで外貨預金を始めてしまい悩みを持ったまま塩漬けで持ち続けている人も多いと思います。

 

もっと具体的なケースを想定してみましょう。
「1ドル130円の時に、円安の流れを信じてドルで外貨預金をしたところ、その後1ドル100円を切る円高になってしまい、なかなか円に戻すタイミングがないという場合です。

 

このケースを例にして円安時に預けてしまった外貨預金の対処法をいくつかまとめておきたいと思います。

 

(1)海外旅行

預金している通貨の国に海外旅行をするケースがあれば、外貨のままキャッシュ(現金)で引き出して使ってしまいましょう。

 

これならば為替相場は関係なくなります。

外国でキャッシュとして活用する方法の詳細はこちら

 

(2)利息収入に頭を切り替え

「為替差益は諦めて、塩漬けにしたままで利息で増やしていこう」という考えに切り替えれば、外貨定期預金で持ち続けることの抵抗が薄くなります。

 

定期以外でも、外貨建ての投資信託や外貨建ての個人年金というように運用方法はたくさんあります。

 

(3)外貨普通預金

今後近いうちに為替が円安に戻ると考える方は、高金利は無くなりますが、すぐに円転できるように流動性が高い外貨普通預金に入れかえておきましょう!

 

とはいえ、あまりに円高が進んでいる場合は、結局は塩漬けになってしまいます。

 

(4)専門的な方法を活用

持ち値の悪い外貨預金の値段を回復させるような、円転の特約を付けた外貨定期預金というような商品もあります。

 

また外貨クロス取引という方法も考えられます。

 

外貨が塩漬けになって困っている方で、お知り合いに専門家や詳しい方がいるようでしたら、相談してみるとアドバイスを受けることがができるかもしれません。

 

専門家に相談することで、今までマイナスとなってあなたを苦しませていた外貨が、近い将来大きなプラスとなって戻ってくる可能性もあると思います。

 

まとめ

円安になると「外貨預金をやろうかしら」という思われる方も多いと思います。

 

ですが、安全策で考えすぎて、円安に進みすぎた段階で外貨預金を始めてしまうと、塩漬けになりやすいです。

 

ただ、そこからもう一段の円安に進む可能性もありますし「本当に良いタイミングなのかどうか?」は、歴史を振り返ってみないとわからないのが実際のところなのです。

スポンサード リンク