流動性・安定性・収益性資金をバランス良く!

最適なポートフォリオ

ポートフォリオを考えよう

 

最適なポートフォリオを組むために投資の基本的な考え方を紹介したいと思います。

 

それは、ご自分の資金を以下の3種類のタイプに分けて、運用スタイルを最適に分散していくということです。

  1. 流動性
  2. 安定性
  3. 収益性

 

(1)流動性資金

日常生活に必要な生活費や病気になった時の入院費など、必要な時にすぐに引き出せる資金のことを言います。

 

運用スタイルとしては「普通預金」や「貯蓄預金」などが当てはまりますね。

 

(2)安定性資金

子供の教育費や結婚費用、老後の生活費、住宅購入など使途の金額や予定がある程度決まっている資金のことを言います。

 

あまり大きなリスクを取らず、安定的に運用していきたいので「定期預金」や「国債」「公社債」などが当てはまります。

 

(3)収益性資金

当面使う予定が無い余裕資金で、将来に備えてある程度のリスクをとってでも増やしたい資金のことを言います。

 

「株式投資」「投資信託」「外貨預金」などの元本保証の無い商品で、大きなリターンのある運用を考えましょう。

 

ポートフォリオのバランスが大事

例えば、やってはいけない間違いとして、自分の預金の全てを株や外貨預金のように元本保証が無い商品にしてしまうことです。

 

急に資金が必要になった時に元本が割れてしまう場合があります。

 

逆に、自分の預金を全て普通預金に入れておいても、金利は全くつかない為もったいないことになります。

 

つまり、ご自分の預金を目的に合わせてバランスよく分散させることが重要です。

 

さらに、(3)の収益性資金の中でも「外貨預金」や「投資信託」の色々な種類に分散投資することによって、無駄なく資産を運用することができるのです。

 

3つのタイプの比率

それではいったいどのくらいの比率で3つのタイプの資金に分ければいいかと言うと、それは一言では言い切れません。

 

その人の人生設計プランや年齢、金融資産によって全く異なってくるからです。

 

ぜひ休日などを利用して、ご自分のライフプランとこのページにある3つのタイプを基にして自分に合った最適なポートフォリオを考えてみてください。

 

一度、考えておくだけでも、今後の資産運用の視野が随分と広がると思います。

スポンサード リンク