資産運用の相談は相手選びが重要

運用相談は信頼できる人にしよう!

信頼できるアドバイザーとは?

 

外貨預金や投資信託等で資産運用を考えた時に、自分ひとりでやろうと思っても分からないことや難しいことがたくさん出てくると思います。

 

では、どうすればいいのかというと、色々な選択肢が考えられると思います。

  • 独学で勉強する
  • 知り合いの詳しい人に聞く
  • 有料でファイナンシャルプランナーを活用する

他にもあると思いますが銀行の窓口を利用するという方法もオススメです。

 

銀行の窓口

銀行等の窓口に行って「資産運用を始めたい」ということを告げると、担当の方が出てきて、セールス込みで色々なアドバイスを無料で受けることができます。

 

そこで資産運用を始めるかどうかはご本人次第ですが、冷やかしは良くありませんので検討は真面目に行いましょう!

 

相談を受ける時の見極め方

しかし、ここで相談する人というのが重要になってきます。

 

例えば、美容院に行った時も、技術面で考えると上手な人と下手な人の両方がいますよね。
また、人柄的にも自分に合う人と合わない人がいたりしませんか?

 

運用の場合でも同じことが言えます。

 

銀行の窓口に行った時も、経験や知識が豊富な人が担当になる場合と、詳しいことをほとんど知らない新人さんが担当になる場合があるのです。

 

また、知識だけではなく、いくら知識が豊富な方でも、人柄的に信用できない人であれば相談はしたくないですよね。

 

銀行だけでなく、ファイナンシャルプランナーさんにお願いする時も同じですが「何だか違うな。信頼できないな」と感じたら迷わず場所を変えましょう。

 

もちろん、その場ではやんわりと断った方が良いですが、相談できる場所は他にもあるので他で信頼できるアドバイザーを探した方が安全です。

 

最近では「ほけんの窓口」のようなところを活用する人が増えていますね。

 

ここも手数料収入を目的としている点については変わらないですが「完全中立」というポリシーがありますので、銀行よりも信頼度は高いと思います。

 

銀行にもFPにも手数料商売をしているところでは、商品を売ることを顧客の利益よりも優先する人がいるということを忘れないでください。

 

信頼できるアドバイザーとは?

あなたの利益になることを本当に考えてくれているかどうか?
この点が一番重要です。

 

知識や情報量、肩書きも大事ですが、手数料の高さではなく、やはりあなたのことを1番に考えて親身になって相談にのってくれる人が貴重な存在になると思います。

 

資産運用は1回で終わるものではなく、何ヶ月、もしくは何年、何十年と続いていくものなので、最初の選択を間違えないことが重要です。

 

あなたのライフプランに合った提案をしてくれる、運用のスペシャリストを探し出すことができれば鬼に金棒ですね。

スポンサード リンク