資金・時間・精神の「ゆとり」が重要です

資産運用で大事なのは3つの余裕

3つの余裕を忘れずに!

 

資産運用の目的は、ほぼ100%の方が資産を増やすこと、守ることだと思います。

 

マネー教育が活発で「資産運用が国民的なスポーツ」とも言われているほどの欧米とは異なり、日本ではお金の話はしないことがヨシとされてきました。

 

ですから株や外貨、投信をやることに対して「ガツガツ」「せかせか」したイメージを持たれている方もいるかもしれません。

 

しかし、資産運用というのは、どちらかというと逆で「余裕」「ゆとり」も持つことが大事なのです。

 

昔から言われていることですが、投資には、

  • 資金
  • 時間
  • 精神(心)

の3つの余裕が必要であると言われています。

 

ですから、これから外貨預金等の投資活動を始められる方は、ぜひ余裕を忘れずに取り組んでください。

 

余裕資金

外貨預金を始めるにあたっては共通の準備が必要です。
まずは何よりも資金です。外貨は当たり前ですが円ではありません。

 

日本の景気が良くても悪くても、その通貨の価値はその国の情勢、あるいは日本とその国の情勢によって決まるのです。

 

アメリカでリーマンショックがあったように、先進国であっても新興国であっても、どの国で突然何が起こるかわかりません。

 

所持している外貨が紙くずになるかもしれない可能性もあるということです。

 

また、日本で外貨は使えません。
そういった意味で日本ではどんな外貨でもただの紙くずと変わりないといっても過言では無く、価値ある(使える)かたちにするまで、両替なり売却なりどちらにしろ、時間もかかります。

 

普遍性も流動性も低い外貨であるため、いずれの目的にせよ、外貨預金に回す資金は余裕資金でなければなりません。

 

考えたくは無いですが、マイナスになってかえってくることもあります
。生活資金のように欠けると生活に影響を及ぼす資金を外貨資金に回すのは望ましく無いです。

 

この資金は無くなってもいいやつだ!くらいの資金源が望ましいです。

 

為替の天才でも大損する世界

債権王と呼ばれるピムコのビル・グロスが失敗した話もあります。
外貨投資でしたら為替リスクもあり、神様でも読めない世界とも言われています。

 

ですから、どんな人でも損をするリスクが投資にはあります。

 

資産運用をギャンブルにしないために、最適なポートフォリオで説明した

  • 流動性資金
  • 安定性資金

ではリスクを犯さずに、
収益性資金を余裕資金と考えて、株や外貨預金に取り組んでいきましょう!

 

預金額について

自分にとってちょうど良い金額は、もちろん人それぞれですが、初心者の方はご自身の総預金額の30%程度を上限として始められると良いでしょう。

 

自身の財産の大部分を外貨預金等のリスク性商品にしてしまうと、為替差損が生じているときにやむを得ず円貨に戻さなければならなくなる可能性があります。

 

あくまでも、生活費等すぐに必要になるお金は外貨預金にしないようにしましょう。

 

時間

インデックスや特定の株式銘柄、外貨を行う前に、ぜひヤフーファイナンス等で10年以上の長期チャートをチェックしてみてください。

 

グラフは上がったり下がったりしているという歴史的な事実に気がつくことができます。

 

ですから、短期間で得をした・損をしたと一喜一憂せずに長期運用を心がけましょう

 

預金期間について
  • 1か月
  • 3か月

など短期間で円に戻すことを前提にするのは危険です。
為替相場は常に動いているものだからです。

 

自分が解約したい時に為替差益が生じているとは限りません。
そろそろ解約しなければならないのに、為替が円高でなかなか解約できない…

 

そうなった場合、心配で気が気ではなくなりますよね。
自分のお金を増やすはずのものが、心配の種になってしまっては仕方ありません。

 

一般的に、3年間程度は解約しないで良い資金で外貨預金を始めることが重要です。
そうすれば、為替が動くことで一喜一憂せずに、落ち着いて資産運用が出来ます。

 

精神(心)

最後は精神的なゆとりについてです。

 

投資で損をしたことがある方はわかると思いますが、損をしている最中というのは本当に落ち込みがちです。
思い出すだけで気が滅入ることもあると思います。

 

ですから、最初から長期的に運用すると思ってスタートすることが大事です。
損をしている状態はそれでも嫌なものですが、心の安定度はまったく違います。

 

資産運用は、自分の将来を明るいものにすることを目的にして行うものですよね。
「ガツガツ」「せかせか」すると、自分の人生を暗いものしてしまう可能性もあるので3つの余裕を忘れないでください!

スポンサード リンク