外貨投資を始めるベストのタイミングは?

どのタイミングで始めるべきか?

円高の底値はいつ?

 

もしかしたら為替のことを知れば知るほど外貨預金を始めるタイミングがわからなくなるのかもしれません。

 

というのも、外貨投資は購入時に円高であればあるほど良いと言いますが、為替の底を捉えることはプロでも不可能だからです。

 

実際に、円高が続いたとしても、結局はあれこれとリスク要因は尽きません

 

歴史的に見て十分に円高だけれど

例えば、2011年以降は「USドル/円」の関係で1ドル80円を下回るという、数十年の歴史を振り返っても異常な円高が続きました。

 

それでは、日本人みんながこぞって外貨投資を行ったかというと、そうではありません。

 

むしろ100円から90円くらいの時の方がニュースで円高が騒がれたので外貨預金を始める人が多かったですが、90円を突破すると「どこまで進むんだ?」という懸念の方が強くなり、逆に手が出せない状況になってしまったのです。

 

その時は実際に、

  • ギリシャのユーロ離脱
  • スペイン、ポルトガル、イタリアの財政危機
  • アメリカのQE3

と、さらなる円高要因がありました。

 

つまり1ドル80円の円高になっても、外貨投資を始めるベストのタイミングであるかどうか誰もわからなかったのです。

 

ですから、

  • 円安に反転することを期待して始める
  • 仮に60円まで円高になっても余裕資金だから大丈夫

というような自分なりのタイミングで始めるしかありません。

 

余裕資金で始める点さえ間違えなければ、短期間のうちに大慌てすることにはならないと思います。

 

逆に円安のタイミングでどうしても買うというのなら

1ドル100円を超える円安になったタイミングで、「今景気いいし、これからもまだまだ円安にふれるかも…」と思われる方もいると思います。

 

実際サブプライムローン以前の為替の高値は、2007年6月の124円が円安最高水準です。

 

それに比べたら今の100円ちょっと超えたくらいでは、まだまだ円安にふれる可能性もあるかもしれません。

 

そんな時は、1年を通してみてみれば、円高になってる時期もあります。そこをねらいましょう。

 

景気がよくて為替がずっと円安にすすんでいると言われても、毎日まっすぐに円安にすすんでいるわけではないからです。

 

具体的には、ではいつが狙い時期か?
それは10月(もしくは秋頃)です。

 

経済的にビックイベントがあるとか、そういうわけではありません。
ただ為替の長期の月足チャートをみていただくと

  • 2013年10月 98円前後
  • 2012年10月 80円前後
  • 2011年10月 79円前後
  • 2010年10月 83円前後

 

というように1年単位でみてみると、秋頃は比較的円高になっていることが多いのです。

 

もちろん、突発的なニュースや事件によって為替はふれるので、かならずそうなるわけではありません。
あくまで参考程度にしてくださいね。

 

しかしこのように、為替の動きをみて研究していただければ、自分の中での買うタイミングがみえてくるかもしれません。

 

国際情勢を見てタイミングを計る

どの通貨に投資するかを判断する時は、その国の国際情勢や経済情勢を見るようにしましょう。

 

例えば、

  • 隣国との紛争や戦争
  • テロ、暴動
  • 国際会議で問題を起こしている
  • その国を代表する企業が問題を隠蔽して株価が急落している

など、海外ニュースではありとあらゆる動きが出ています。
そのニュースに市場は反応しますので、個人で投資する場合も、やはりその情報をインプットした上で投資のタイミングを見極める必要があります!

 

また投資をする際に、最近の為替をみるだけでなく、ここ数年間の為替の動きをみてください。
ここ数年間の動きから、今の為替は円安なのか円高なのか、その判断はとても大事です。

 

余裕資金について

もし100万円の全財産を外貨投資に回してしまうと、円高のタイミングでどうしても急にお金が必要になった時に、元本割れで円転せざるを得なくなってしまいます。

 

余裕資金でしたら、じっくりと円安になるのを待てば良いですからね。

 

ですから「余裕のあるお金ができた時×十分に円高に進んだタイミング」で運用を始めると良いでしょう。

 

「十分に円高に進んだタイミング」というのは、
為替相場の歴史を見て1ドル100円の時はもうダメだけど、80円ならば、仮に60円まで円高が進む可能性はあるかもしれないけど、長期的には100円にまで円安が進むから大丈夫。
という相場観から各自で判断するものです。

 

事前に準備をしておきましょう!

「幸運の神様には前髪しかない」という言葉を聞いたことがあると思いますが、投資のタイミングも一度逃すと難しいので、そのタイミング(チャンス)を自分でものにして下さいね。

 

円高局面が続いた後に急激に円安に向かったとしたら、おそらく多くの人が「あの時に外貨預金を始めておけば良かった!」と後悔すると思います。

 

ですから、少なくとも「外貨預金の口座開設」と「証券口座の開設」は事前に済ませておきましょう!

スポンサード リンク