ペイオフ対象外というのが外貨預金の厳しいところ

銀行が破綻した時は預金保険(ペイオフ)の対象外

これは痛い!預金保険の対象外

 

皆さんは「預金保険制度(ペイオフ)」という言葉を耳にしたことがありますか?

 

ペイオフの意味は、国内に本店がある金融機関は、法律で預金保険への加入が義務付けられ、預金保険機構に保険料を収めなければいけないというルールのことです。

 

そのため、万が一金融機関が破綻した場合は、預金者のお金は保険機構からの保険金によって法律の範囲内で保護されます。

 

ただし、預金金額の全てが補償されるわけではなく、定期預金や普通預金は1金融機関につき元本1千万円までとなります。
(当座預金や無利息の普通預金は「決済性預金」として全額保護されます)

 

外貨預金は保護の対象?

それでは、外貨預金は預金保険の対象になるのでしょうか?
残念ながら預金保険の対象外の商品となります。

 

つまり、銀行が破綻した時に外貨預金として預けていた資金は全額戻ってこないリスクがあり、預金している銀行の破綻リスクを抱えていることになります。

 

銀行が破綻する可能性はゼロではありませんが、それほど大きいわけではありません。
特に都銀などのメガバンクに関してはなおさらです。

 

銀行が破綻すると日本経済に与える影響が大きすぎるため、過去いくつもの銀行の財政状況が悪化した時には公的資金が注入されてきました。

 

とはいえ、日本国債を大量に保有している大手銀行が国債暴落の時に生き残れるか?
日本に全ての銀行を救済できる体力が残っているか?

 

これからの時代は、特に過去とは不連続の時代ですので、全て自分の決断でリスクを背負っていかなければならないと思います。

 

銀行の破綻リスクを回避する対策

ペイオフの対象外である外貨預金を少し怖く感じる方。
特に資産を通貨分散するために外貨投資を行おうと考えている方は、おそらくそうお考えになると思います。

 

そういった方は外貨建てMMFの方が合っていると思います。

 

外貨建てMMFは、証券会社の取扱いになるため信託法によって投資家の資産は全額保護されるのです。

 

各商品のリスクを理解し、ご自分の資産運用の考え方に合う方を選びましょう!

スポンサード リンク