外貨投資でインフレ対策

インフレ・ハイパーインフレ対策

過去の事例から対策を学びましょう

 

バブル崩壊後、デフレが続く日本にインフレが起こる可能性は少ないと思われるかもしれませんが、万が一にも日本国債が暴落すればあり得ないことではないです。

 

まず、日本の国債が暴落すると、大量に円が売られますので円安になってしまいます。
円安になるということは、円で持っている国民の資産価値が低くなるということです。

 

例えば、これまでは1ドル80円だったとして、それが160円まで円安が進むと、10ドルのものを輸入するのに800円で済んでいたものが1600円も支払う必要が出てきます。

 

つまり、日本円の価値が半分になってしまったということです。

 

ですが、次のように考える方がいるかもしれません。
「私は輸入もしないし国内だけで生活するから大丈夫」

 

本当に大丈夫かどうか一緒に考えてみましょう!

 

国内にいるから大丈夫?

円安になると輸入するのに、より多くの円が必要になるので輸入品が高くなります

 

日本は食料自給率が50%以下で、半分以上を輸入でまかなっているので、スーパー等で売られているものが値上がってしまうのです。

 

また、食料品だけでなく石油などのエネルギーも、ほぼ輸入に頼っているので、ガソリン代や光熱費が異常に上昇してしまいます。

 

家庭の光熱費が倍になる、自動車を使っているビジネスが成り立たなくなる。
これがインフレが起こるという意味です。

 

収入もインフレで上がれば良いですが、もし上がらなければ暮らしが成り立たないですよね。

 

ですから、資産を円だけではなく外貨で持っておくことで、円の価値が下がってしまった時の逃げ道を作っておく必要があるのです。

 

逃げ道があれば、例えば1ドル80円から160円の円安になり、物価が2倍程になるインフレが起こった場合でも、外貨で1万ドル持っておけば円転で160万円にできます。
銀行に入れておいたら80万円のままでした。

 

インフレが率が止まっている場合なら、これで生活を成り立たせることができます。
物価上昇時の対策としてリスクヘッジしておくことは、やはり重要だと思います。

 

しかし、まだこの程度のインフレでしたらマシかもしれません。
日本にも戦後ありましたし、世界でも度々ハイパーインフレというものが起こっています。

 

ハイパーインフレについて

もし、どうしても日本が借金を返せなくなった場合、取ることができる方法として、

  • デフォルトして世界にゴメンナサイする方法
  • 日銀が輪転機を回して大量にお札を刷る方法

の2つがあります。

 

おそらく緊急時になると、デフォルトすることは避ける可能性が高いので、輪転機を回す方を選択すると思います。

 

そうなると市場に大量のお札が出まわります。
その結果どうなるでしょうか?

 

私たちが持っている日本円の価値が薄まり今まで買えていたものが同額で買えなくなります。

 

実際にロシアで起きた例で考えてみると、
ソ連崩壊後に色々な無理がたたり、ルーブル(ロシアの通貨)を輪転機を回して大量に供給した結果、通貨が暴落して物価が信じられないレベルにまで上昇しました。

 

この頃、ロシアの人々は生活が成り立たなかったと言いますが、それもそのはず。
物価は年間で70倍にもなってしまい100円のパンが1年後に7000円にもなってしまいました。

 

また、ブラジルやアルゼンチンでも、同様にハイパーインフレが起こりました。
人々は自国の通貨の価値が下がる前にドルに変え、給料もドルで受け取ることを求めたと言います。

 

なぜなら、自国の通貨で貰っても、すぐに価値が下がってしまい何も買うことができなくなってしまうからです。

 

しかし、ハイパーインフレを経験しても資産を守れた人々もいました。
事前にドルやユーロなどの外貨に資産を分散していた人たちです。
私もこの点に注目すべきだと考えています。

 

資産を外貨に分散

万が一日本の円が紙くずのような価値になったとしても、ドルやユーロなど世界的に流通している通貨に分散させておくことにより一部の資産を守ることができます。

 

ロシアやブラジル、アルゼンチンで危機を乗り切った先人の知恵を学びましょう!

国際分散投資に関してはこちらでまとめています!

 

もし思い過ごしであっても、ハイパーインフレ対策はしておくに越したことはないです。
世界経済や為替、資産防衛術など学ぶことは多いと思います。

 

デノミ対策

その後。
結果的に、ロシアはインフレ対策として1998年1月1日に1000ルーブルを新1ルーブルにして通貨を実質的に切り下げました。
いわゆるデノミです。

 

日本で考えると1億円の貯金を持って、老後もひとまず安心と思っていた人の資産が10万円になってしまうということです。

 

100,000,000(1億円)
↓(0を3つ落とす)
100,000(10万円)

 

私は色々な書籍で研究した結果(トップページ参照)、デノミまでは行われないと予想はしていますが、ハイパーインフレまでを考えても全資産を円で持っておくべきではないと思います。

スポンサード リンク