外貨普通預金の金利やリスクについて

外貨普通預金の商品性

外貨普通預金とは?

 

外貨預金の魅力の一つは金利の高さですが、普通預金に関してはそれほど高くありません。

 

普通預金の金利水準はいったいどれくらいかと言うと、もちろん市場の動向に応じて変化しますが「円定期の金利より少し高く、外貨定期よりはかなり低い」という感じです。

 

例えば「円と米ドル」で考えると、
円普通(0.02%) < 円定期(0.03%) < 外貨普通預金(0.05%) < 外貨定期預金(0.3%)
というような数字になってきます。

 

豪ドルや南アフリカランドの場合だと、普通預金でも2%以上になるので通貨次第では、米ドルの定期よりも大きく上回っています。

 

ここらへんは本当に通貨次第です。

通貨ごとの外貨普通預金の金利はこちらでチェックできます

 

それでは金利では「定期」にまったく及ばない「普通」がなぜあるのかというと、為替差益で儲けることができるからです。

 

為替差益を狙う

外貨普通預金のメリットは、為替の動きを見ながら自分の好きなタイミングで、円預金のように出し入れができるということです。

 

為替差益を狙いたい方には適している商品と言えます。

為替差益の詳細はこちら!

 

また、小額からでも預けることができるので、通貨分散投資も行いやすいです。

 

通貨分散

為替差益を狙えるといっても、外貨購入時と売却時には往復で手数料がかかります。
ですから、あんまり頻繁に売買を行うことはお勧めしません。

 

最近はどちらかというと、日本の財政問題から資産を通貨分散するという意味合いで活用されている人が増えています。

 

日本国債が暴落した時には一気に円安とインフレにむかうと予想されているので、いつでも自由に引き出せる外貨普通預金でリスクとチャンスの両方に備えているのです。

 

この時に銀行の倒産まで計算に入れる方は、下記にも書いてありますが外貨預金は預金保護の対象外なので外貨建てMMFの方を選ぶ方が懸命だと思います。

 

利息収入

もう一つの利益となる利息は、銀行の所定の日に通常年2回支払われます。
その際に源泉分離課税で20%の税金(所得税)が引かれますので確定申告の必要はありません。

 

高金利や利息についての詳細はこちら!

 

リスクや注意点について

大きなリスクとしては2点あります。

 

一つ目は為替リスクです。
購入時よりもさらに円高になると元本割れを起こす可能性があります。

 

二つ目は預金保険の対象外ということです。
ペイオフという言葉をみなさん耳にしたことがあると思います。

 

ペイオフとは、銀行が破綻した場合に、一つの金融機関でお一人様1000万円までが保証されるというものですが、外貨預金はその対象ではありません。

 

つまり「為替リスクと共に銀行選びも自己責任で」ということになってきます。

 

資産を1ヵ月、3ヵ月、半年、1年という期間で預けられる方は、より金利の高い外貨定期預金を検討してみましょう!

外貨定期預金の商品性に関してはこちら

スポンサード リンク