フィリピンのオススメ銀行はこちら!

フィリピンおすすめ銀行

長い間日本の銀行は低金利状態が続いていて、年利0.0うん%となっています。
一方フィリピンの銀行は、日本の銀行と違って利率が良く、定期預金なら3%〜5%というところもあります。

 

日本の数十倍の金利ということで、これなら預金する価値もあります。

 

ですが、フィリピンに銀行口座を持つときにどこで開設したらよいか、日本人には中々わからないと思います。

 

そこで現地で私が見聞きした情報から、この銀行が良い、この銀行が悪いというものをピックアップしたいと思います。

 

銀行口座

 

良い!おすすめ

フィリピンアイランド銀行(Bank of the Philippine Islands、BPI)

フィリピンでもっとも古い銀行で、日本のみずほ銀行と提携しています。
都市圏に支店がとても多く便利です。

 

ATMもBPIのものを一番多く見かけるので、街中で手数料なしで引き出せるのは強みです。

 

RCBC(Rizal Commercial Banking、RCBC)

フィリピンの中では中堅的な銀行で、私はここをメインバンクとして利用していました。
サービスはわりと良く、わりと早いです。
理不尽で理由のわからないことも言われません。

 

支店もきれいなところが多く、マカティにあるRCBCプラザは近代的な巨大ビルです。

 

ただし、ATMがなぜかストップしていたり、動いていても中にお金が入っていなかったりして、現金が引き出し出来ないことがあるのが玉にキズです。

 

お勧めできない銀行

バンコ・デ・オロ(Banco de Oro、BDO)

フィリピンで最大手の銀行ですが、サービスが遅い・悪いことで有名です。

 

フィリピンではクレジットカードの自動引き落としサービスがないので、自分でチェックして払わなければいけないのですが、クレジットカード差し止めの前日にチェックが送られてきて、
「明日払わなければ差し止め」
というようなことも、よくくあるそうです。※知人談

 

フィリピンはどこも日本ほどはサービスがきっちりしていないですが、出来る限りリスクは避けたほうが良いです。
ここはあまりオススメしません。

 

上記以外の銀行を検討している方は

フィリピン在住の方は増えてきており、ブログなどで情報発信も盛んですので、ネットでもかなりのところまで銀行の候補を絞り込めると思います。

 

ですが、最終的には実際に利用しているの人の生の口コミが良いです。

 

あらかじめ「質問リスト」を作っておいて、現地に前もって下見や旅行などに行った時に、知り合った方にお話がてら聞いておきましょう!

スポンサード リンク