フィリピン口座から日本の口座に送金する時

海外送金は手続きが面倒で手数料も高い!

私は今までいくつかの外資系企業・海外企業に勤めてきました。
そこで、

  • 海外企業から、日本にある自分の銀行口座へ給与の振り込み
  • 現地銀行の口座から、日本の自分の口座への振り込み

などを日々経験していました。

 

また、フィリピンの銀行で口座を開き、長期で使用していると思わぬところで手続きが面倒なことがあります。

 

そんな日本の銀行とは一味違う!気を付けなければいけないことを紹介していきます。

 

海外送金の注意点

 

海外送金はとても面倒

私はフィリピンで働いていた時は、現地銀行の口座に給与を入れてもらっていたので、ときどき日本の口座に送金しなければなりませんでした。

 

割と忙しかったので会社の事務の人間にお願いをしていたのですが、とにかく必要なサインの数が多く辟易していました。

 

さらに海外の口座に送金するのは現地銀行にとってはセンシティブな問題(マネーロンダリングなどの犯罪に使われる可能性もある)なので、いちいち送金する理由を書かなければなりません。

 

とはいえ実際犯罪などに使っていなければ、理由をそのまま書けばよいのです。
私はいつも「to maintain account balance(口座残高の調整)」と書いていて、特に問題はありませんでした。

 

また、だれかにそのオペレーションをお願いするときは当然ながら委任状が必要になります。
これは日本でも同じですね。

 

書類は雛形をつくって対処すべし

銀行に処理をお願いするときに、いちいち書類や手紙、理由書を最初から作っていては時間がいくらあっても足りません。

 

一度OKになった書類は必ず取っておき、雛形にして同じものを使うようにしましょう。
そのほうがずっとスムーズに処理してもらえます。

 

トラブル前提の心構えを

ただし、フィリピンの銀行は時々フォームをかなり変更してしまうことがあるので、ずっと同じものでOKだとは思い込まないようにしましょう。

 

また、変更になってしまったら場合によって何回も差し戻されすごく時間がかかってしまう可能性があります。

 

その場合フィリピンでは融通がきかないので、申請などは時間の余裕をもってすることをおすすめします。

 

海外送金は手数料が高い

海外の企業から給与を受け取るときには、被仕向送金手数料というものがかかります。
私は東京三菱UFJを使っていて、海外から給与を受け取っていたのですが、手数料が毎回1,500円もかかっていました。

 

さらに、円為替取扱手数料というものが取り扱い金額の5%かかるのですが、最低額が2,500円なので、たとえ1円の海外振込みでも手数料は最低4,000円かかることになります。

 

手数料が高い

 

多額の送金が発生するときは、もっと手数料は高くなります。

 

両替しなくても両替手数料が必要?

フィリピンで仕事をしていたとき、私は現地銀行の円貨口座に給与を受け取っていました。

 

そのフィリピンの円貨口座から、日本銀行の円貨口座へ送金するとき、手続き後に銀行から受け取った明細に記載されている手数料を見てビックリしました。

 

電信手数料などのほかに、「両替手数料」というものの記載があったのです。
現地銀行に問いただしましたが「それは必要なのです」の一点張りでした。

 

円建てから円建てに両替手数料?
というのは未だに納得がいっていないところです。

 

結局、フィリピンから日本へ送金するのに10,000円ほどかかりました。

 

給与口座は出来るだけ同国内でまとめるべき

上記のような体験から、海外送金手数料はかなり高くつくので出来るだけ利用しないほうが良いと考えています。

 

特に給与は毎月発生するので、そのつど何千円もとられるのは馬鹿馬鹿しいです。
海外送金が必要な場合でも、現金を手持ちで運べればもちろん手数料はかかりません。

 

ただし、現金持込もあまり多額だと空港で申告しなければなりません。
たとえば日本円で100万円を超える金額は日本の空港で申告が必要です。

 

それで関税がかかるということではなく、マネーロンダリングなどを防ぐために管理する目的とのことなので、必ず申告するようにしましょう。

スポンサード リンク