海外生活に備えて外貨預金で運用しよう

海外移住や留学にも使える

海外生活に向けて準備しよう

 

外貨預金は資産運用海外旅行に行く際にも使えますが、それ以外でも、

  • 海外に移住を考えている方
  • 留学中の子供にお金を送ってあげる際

にも活用することができます。

 

このページでは、そのようなケースに備えて外貨預金をする方法を紹介したいと思います。

 

将来、海外に移住を検討している方

最近では海外への移住を考えていらっしゃる方も多いのではないかと思います。
日本と海外のデュアルライフなんて憧れますよね。

 

もしくは日本の色々なシステムが嫌になって海外に行かれる方も、今後は増えてくるのかもしれませんね。

 

理由は様々だと思いますが、将来的に外国に移住を検討されている方は外貨預金で資産運用しておくのが良いと思います。

 

将来住みたい国が決まっているなら、その国の通貨を今から増やしておくといいでしょう。

 

円高の時に買い増し

買うタイミングは円高がオススメです。
円高の時なら少ない円で多くの外貨を購入することができます。

 

例:

  • 1ドル=100円の時は10万円で1000ドル
  • 1ドル=50円の時は10万円で2000ドル

 

上記は極端な例ですが、円高の時の方が効率良く資産を増やしておけます。

 

また、将来は外貨のまま現地で活用するのですから、円安リスクを恐れる必要がないのはメリットです。
円高になる度に積極的に買い増ししていくのが良いと思います!

 

移住するまでの間に高金利で外貨を増やしておきましょう。

 

留学にも使える!

また、最近は語学留学も含め、海外の大学に通ったりお子さんが留学に行かれるという方も増えてきていることだと思います。

 

こういった場合にも、外貨預金があると外貨のまま海外へ送金できるので、その時の為替に影響を受けなくなります。

 

つまり、事前に円高の時を狙って外貨預金を積みましておけば、実質的に為替をコントロールしているということになるのです。

 

ただ、海外への送金の場合は手数料に注意が必要です。
日本の銀行でも送金手数料がかかり、お金を受け取る海外の銀行でも手数料がかかってしまうケースが多いです。

 

小額で振り込む場合には向いていないため、ある程度の金額を1回で済ますようにしましょう!

スポンサード リンク